近沢レース 日傘

近沢レースの絹製品

近代日本が列強に列しようとしていた時、日本の経済を支えたのが絹製品です。

 

 

日本の主要輸出品として、日本の絹は広く諸外国に販売されていきました。

 

 

日本の絹製品の評判は高く、その品質の高さは欧米諸国の人々にも認められていたのです。

 

 

近沢レースは、明治34年、横浜元町で産声をあげました。

 

 

以来、外国人向けにテーブルクロスやベッドカバー、ハンカチなどを作り続けてきた老舗です。

 

 

その頃はもっぱらオーダーだったものが、昭和になって既製品へと移り、1960年代には中国からも輸入するようになりました。

 

 

2001年には創業100周年を迎え、インテリアから婦人小物の開発にも力を注ぐようになりました。

 

 

今、近沢レースでは、新しい息吹を取り入れた新鮮な絹製品を届け続けています。

 

 

逸品コレクションでは、本物のレースを挟んだインテリアの数々に思わずため息が出てしまいます。

 

 

このような逸品に囲まれて生活ができればどんなに良いでしょう。

 

 

もちろん、レース製品も素敵なものばかりです。

 

 

繊細なヨーロピアンレースは、高級感と華やかさがあり、きっとその場を明るく洗練されたものにしてくれるでしょう。

 

 

このような素敵な製品を世に送り続けている近沢レースは素晴らしいと思います。